スポンサーリンク

茨城県って何があるの?茨城の観光スポット7選!

国内観光

毎年魅力度最下位が逆にネタになっている茨城県。
でも意外と日本三大〇〇が多かったり、それなりに観光スポットもあるのです。

茨城県に20年ちょっと住んでいた元地元民がその観光スポットをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

袋田の滝

大子町にある袋田の滝。
日本三名瀑の内の一つです。

 

滝の景色

その時の四季によって見せる姿を変えるので、1年の中で申し訳ないそれぞれ少し違う景色を楽しめます。
県庁所在地の水戸からは電車で1時間半ちょっとかかりますが、無休なのでいつ行っても鑑賞出来るのが良いところ。

  

※上の写真は秋の紅葉の時です

11月頃から日没後にライトアップもされているので夜景が好きな方は日没後にぜひ行ってみて下さい。
冬は滝が凍ったりするので、きっちりと防寒をして凍結した神秘的な滝を観に行くのもオススメです。

 

恋人の聖地

プロポーズにふさわしいロマンティックなスポットとして「恋人の聖地」に選定されたそうで、第1観瀑台にモニュメントがあります。

カップルで行くのもいいですね!

 

トンネルの中

観瀑台に行く途中のトンネルの中でライトアップしています。

滝を観るまでの道のりもこのライトアップを少しですが楽しんで行けます。

・観瀑施設(袋田の滝トンネル)利用料:大人(15歳以上)300円 子供150円
・営業時間:午前9:00~午後5:00(5月~10月までは午前8:00~午後6:00まで)
・アクセス:【車】常磐自動車道「那珂IC」より約50分【電車】JR水郡線「袋田駅」よりバスで10分

 

月待の滝

袋田の滝の陰に隠れて目立たないのですが、同じく大子にある月待の滝もオススメです。


袋田の滝に比べると規模は本当に小さいですが裏見の滝と言われているように滝を裏側から見れます。


滝を裏から見るのは結構珍しいと思うのでぜひついでにいかがでしょうか?

車で行くのが便利ですが、電車で行くならJR下野宮駅から徒歩で約20分くらいで行けるそうです。
袋田の滝からは徒歩圏内ではないので行く時は注意して下さい。

 

もみじ苑という蕎麦屋さんが途中にあるのですが、そこもオススメです。
https://tabelog.com/ibaraki/A0805/A080503/8000383/
※水曜日は定休日だそうです

 

スポンサーリンク

 

 

竜神大吊橋

常陸太田市にあるバンジージャンプで有名な竜神峡。
景色がより綺麗な紅葉時に行くのがお勧めです!

 

竜神峡

営業時間:8:30~17:00 (受付 16:40まで)
渡橋料:大人310円 小人210円
アクセス:【車】常磐自動車道 日立南太田ICより45分【電車】JR水郡線「常陸太田駅」よりバスで45分、竜神大吊橋下車徒歩20分

 

バンジージャンプ

バンジーをする勇気のある方は事前に予約して行ってみましょう。

「バンジージャンプ」公式サイト
料金:1回目 16,000円、同日2回目 7,000円

 

紅葉の時期は木々が色づいている綺麗な景色を眺めながらバンジージャンプが出来ますので、好きな方や興味ある方は紅葉の時期を狙うといいかもしれません。

 

 

ひたち海浜公園

ひたちなか市にある遊園地兼公園。

ロックインジャパンフェスティバルとネモフィラが有名な所です。
ネモフィラ畑の景観は本当に美しく、圧倒されます。

  

広い敷地なのでお散歩できるのはもちろん、遊園地で遊んだりパターゴルフやディスクゴルフができたりサイクリングが出来たりなど
色々と楽しめるので1日いる事が出来ます。

園内を走る車に乗ってドライブしてみるのも良いと思います。

この海浜公園はGW時期に見頃のネモフィラが有名なのですが秋に見れるコキアも何気にオススメです。

他にもお花が楽しめる場所があります。
  

有名なイベントがある時はものすごく混むので早めの時間に行きましょう。
※車で行く際は駐車場代もかかります。

 

営業時間・アクセス・料金などは公式サイトで確認してみて下さい。
「ひたち海浜公園」公式サイト

 

偕楽園

日本三大名園の一つ・水戸の偕楽園です。
偕楽園は梅の時期である3月くらいに行くのが特にオススメ。
なんと入園料は無料です!

 

園内にある好文亭の料金はこちらでご確認下さい。
http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen_use.html
アクセスはこちら
http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen11.html

※駐車場は一部有料です。

千波湖

偕楽園のすぐ近くにある千波湖はランニングコースとしてもよく利用されています。
偕楽園ついでに立ち寄ってスワンボートに乗ってみてはいかがでしょうか。

  

 

スポンサーリンク

 

 

土浦の花火大会

毎年10月頃に開催される土浦市での花火大会は日本三大花火の内の一つです。
競技花火と余興花火の合計約2万発の花火を打ち上げているそうです。

もし間近で観たい方は有料席を購入しましょう。
間近ではなくてもJR常磐線土浦駅の近く辺りまで行けば観る事も出来ますので、圧巻の花火をぜひどうぞ!

 

牛久大仏

上記で紹介してきた所は県の中央~北辺りだったのですが、牛久は県の南側にあります。
牛久にある牛久大仏は全長120Mもあり、青銅製立像で世界一高いそう。

大仏周り

大仏の胸の辺りにある穴が展望台の窓になっています。
天気がいいと展望台から東京スカイツリーや富士山がみれる事も。

大仏周りは公園のようになっています。

 

小動物公園

敷地内には小動物公園があり、リスがいたりうさぎと交流が出来る場所もあります。
お猿の曲芸ショーもやっています。
動物が好きな方はぜひ触れ合ってみて下さい。

  

夏には花火をやったりとエキサイティングな一面があるのも牛久大仏の魅力です。

 

料金アクセス営業時間は公式サイトでチェック。
「牛久大仏」公式サイト

 

オマケ

日立市河原子にある銭湯「湯楽の里」
個人的に密かにオススメしたい場所です。

と言うのも、普通のスーパー銭湯ではあるけれどなんと露天風呂は太平洋を望めるのです!

女性風呂は目隠し用に曇った仕切りがあるので湯船に漬かりながらだと一部からしか綺麗には見えませんが、お風呂入りながら海が観れるのは最高でした。

 

アクセスなどはこちらからどうぞ
「湯楽の里」公式サイト

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

車がないと移動が不便だったりもしますが、意外と観光スポットがあって人生で一度は旅行に来てみても良いのではないかと思います。
他にもちょこちょことご紹介できるスポットがありますので、後ほどまた記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました